日本ピアサポート学会

  • リンク
  • お問い合わせ
  • 会員専用

本学会の概要

日本ピア・サポート学会の活動内容

学会の主な活動は次の通りである。

① 日本におけるピア・サポート活動の理論的な研究及び学校や地域における実践活動の推進。学校でのピア・サポート活動の積極的な取組み。

② 学校や地域での活動を推進するためのリーダーの養成と認定事業の実施

1)学会主催・支部・ブロック主催の[認定ピア・サポートトレーナー養成講座」の開催(標準テキストによる13.5時間の研修)と認定事業の実施。

2)ピア・サポートトレーナーの資格を取得後、3年以上の実践の他、論文の執筆・発表等の実績に基づき、面接の結、トレーナーを指導する資格をもつ、「ピア・サポート・コーディネーター」の認定事業。

3)高校生・大学生等、校内で実施する生徒のリーダー養成のための「ピア・サポーター養成講座」の実施と認定証書の発行。

③ 支部・ブロック活動の推進と、教育行政機関の研修講座への協力、教育委員会等のピア・サポート講座等への積極的な対応。

④ 活動の普及のためのニュースレター(年3回)・研究紀要(年1回)・海外研修報告書(年1回)・参考図書の刊行。

⑤ 年1回の大会・コーディーター・トレーナーのブラッシュアップ講座・講座多数。

⑥ 海外研修の実施
 日本学校教育相談学会の海外研修を受け継ぎ(第7次以後)今日まで17回の海外研修を実施、すぐれた海外の教育から学ぶとともに、日本からも発信、高い評価を得ている。今日まで、アメリカ・カナダ・イギリス・オーストラリア・香港・台湾・マカオを歴訪した。海外のピア・サポートの指導者との交流も深めており、ピア・サポートの父とも言われるカナダのレイ・カー博士・トレーバー・コール博士・デビッド、ブラウン先生・イギリスのヘレン、カウイ博士・オーストラリアのケンリグビー博士・香港のブライアン・リー先生。アメリカのバーンズ亀山静子先生などとも連携し、活動を展開している。本学会の特徴となっている。

⑦ 近年の傾向として、各地での人間関係の豊かな形成が、学力の向上や問題行動の減少の顕著に表れており(エビデンズ)、広島大学で開発した「マルチ・レベル・アプローチ」による学校改革が世界的に注目を集めている。(協同学習・SEL・PSIS等ふくめて。)また大学のピア・サポート活動も急速にひろがっている。
 学校以外でも医療・福祉・コミュニティでの活動も広がっており今後ますます普及することが期待されている。(先進国でもコミュニティの活動が広がっている。)

⑧ 日本ピア・サポート学会の「ピア・サポートの定義」は次の通りである。
 『子どもたちの対人関係能力や自己表現能力等社会に生きる力がきわめて不足している現状を改善するための学校教育活動の一環として、教師の指導・援助のもとに、子どもたち相互の人間関係を豊かにするための学習の場を、各学校の実態や課題に応じて設定し、そこで得た知識やスキル(技術)をもとに、仲間を思いやり、支える実践活動をピア・サポート活動と呼ぶ』(学校に限定しているが、広がりを考慮して作成されている。) (註2 学会の活動についてはHPの各項目参照のこと)